RSS

出産・育児終了後、再び看護師になりたいあなたへ

結婚後、出産や育児で仕事をやめたけれど、再び看護師として仕事を始めたい。
そんなことを思っている方はたくさんいらっしゃることでしょう。
では、この際の就職活動で気をつけておくべきこととはどんなことでしょうか?


育児に時間を取ることができるのか?

ある程度子どもが成長して手を離れたという方は大丈夫でしょうが、たとえばまだ母親の面倒が必要だという年齢の子を抱えている人だっているでしょう。
幼稚園や保育園に預けているとしても、迎えに行かなければならないために早めに仕事を抜けたい時だってあると思うのです。
しかし、それが可能な職場というのは、現実的にはかなり限られてくるような気もします。
看護師というのは患者を付きっ切りで看病しなければならない職業ですから、ほとんど1日中働かなければなりません。
そんな中で子どものために家に帰りたいなどというのはなかなか言いにくいことなのではないでしょうか。
育児のためにシフトをずらすといった労働システムを取り入れてくれている病院というのはまだ少ないように感じますので、出産や育児をある程度終えた方はそのような点を意識して次の職場を探してみてください。


看護師として働きながら子どもを見ていくということ

転職をしている看護師というのは、ほとんどが働き方を変えたくて職場を変えています。
中には子どもを育てながら働けるところを探している人もいます。
その希望に応えてくれる病院もありますが、まだまだそのようなところは多くないですし、もしあったとしても求人は間に合っているという場合がほとんどでしょう。
人の命を扱う仕事ですから、子どもを世話しながら働くというのは難しいかもしれないので、再就職をする前に良く考えておいてください。

Comments are closed.