RSS

男性看護師の割合と需要

看護師の男性率は全体の5パーセントとまだまだ低いものです。しかし、男性だけを見ると看護師を希望する人は3割弱の増加を見せており、今後、男性看護師の増加が見込まれています。女性の仕事というイメージがまだ強いナースですが、メリットはなんなのでしょうか?


不況に左右されない看護師の給料

看護師の月給や年収は、不況などにあまり左右されないと言われています。そのため、キャリアアップも視野に入れて仕事をするうえでは非常に安定した収入を得ることができる職業なのだそうです。また、男性は出産などがないことから、離職する時間を取らずに仕事を続けられるというメリットがあります。女性が多い職場ですが、継続して勤務ができる人がいることは病院にとってもメリットが大きいそうです。


腕力など女性では無理な仕事もある

看護の仕事はやはり力仕事も増えてきます。特に高齢化が進み、自分で歩くことのできない患者さんが増えると、患者さんを運ぶ看護師の負担は激増します。介護の仕事でも、男性を抱えるのは難しいそうです。このような面でも、力仕事が多い看護の現場では男性がいてくれることで、作業を分担して行えるという声があるそうです。また同性がいることで男性患者特有の悩みなども相談しやすい環境が作れるとの声も上がっているそうです。

Comments are closed.