RSS

看護師としてもっと高みを目指す

売り手市場の看護業界において、求人情報をしっかりと見ながら、自分がここぞと思うところの病院、医療施設での勤務を開始したとしてもそこで満足してしまってはもうそれ以上進歩することが難しいです。
仮に希望する条件に近い場所で働き始めたとしても、そこで働くことは最初こそ自分の満足いくもの、はじめ辛いと思ってもすぐに慣れてそこで働くことがなんでもないと思うようになるかもしれません。
慣れ、というのは悪い状況に働いた場合、つらさに慣れてしまえばなんでもないものになるので良いものなのですが、良い状況というのも慣れてしまうものです。そういった慣れは、別の言い方をすれば飽きとも言いかえることができるので、これは危険です。


看護師としての覚悟に慣れない

看護師は命に深くかかわる仕事です。たとえささいなミスでもそのミスはのちに患者の容体を悪くしてしまうことがあるかもしれません。
つまり、勤務にすっかり慣れて、そこで働くことの重要性を失念した状態は危険です。勤務が続いたとしても、そこで働いていることの重要性をしっかり頭に入れながら働くことが必要です。
そこで気が抜けた状態での勤務を続けたとしたら、ミスにつなげてしまうでしょう。どんな時も初心を忘れないで、常に自分を見失わないことが大切です。自分を見失わない、というのは言うのは簡単ですが、働いていく上で自分を保っていくのは至難の業です。
いついかなるときも気を張っていては疲れてしまうのも事実ですから、休める時にはしっかり休むことも大切です。


看護師の勤務は張りつめた糸みたいなもの

看護師として多くの人と接しながら働くこと。人の生き死にと深くかかわりながらの勤務。これを長く続けるといのは、糸がピンと張りつめている状態のようなものです。そんな緊張状態が長く続いた状態というのは体に良いとはいえません。
精神に悪い影響が強く加わると、自動的に体にも悪い影響が及んでしまいます。その糸の緊張を少しでも緩めることができるよう、休みの日にリフレッシュするなど努力をしっかり行っていくべきです。
精神を休ませるのは一人では限界があります。誰かと接することで本当に心の緊張を弛緩することができるかもしれません。もちろん誰とも顔を合わせることなく、一人でいることでようやく心休まることもあるでしょうから、必要ならばそうするべきです。
どちらにせよ、メンタルヘルスを害してしまう前に手をうつことが大切なのです。

Comments are closed.