RSS

看護師としてキャリアアップしよう

看護師といっても、その分野は非常に細かく分かれています。ナースとしてキャリアアップを望むとき、あなたはどのような分野で、どのような看護を行いたいと思いますか?ナースになってから、専門分野の学習を行うことで取得できる認定看護師についてご紹介します。


特定分野の知識、経験を積んだ看護師

認定看護師とは特定分野で実務経験を積み、国の指定した講習などを受講した看護師が取得することのできる資格です。医療や福祉の現場で、実際に就労を5年以上、うち3年以上を希望する特定分野での実務経験が必要となります。この分野は2010年で21分野ほど、指定されています。救急やガン化学療法、透析治療や乳がんなど、かなり細かく分けられています。


認定試験に合格後、5年ごとに更新

認定看護師は、5年の実務経験と半年、615時間以上の講習などが必要です。この講習は日中に連日して行われることから、この資格を取得する場合はあらかじめ病院側と相談し、講習期間の扱いなどを決めなくてはなりません。休職扱いにするのか、夜勤になるのかなどです。休職しない場合は夜勤しか仕事はできなくなります。また病院によっては講習費用などを助成しているところもあります。

Comments are closed.