RSS

総合病院とクリニックで変わる看護師の仕事

看護師の資格は同じでも、働く環境でナースの仕事は大きく変わります。総合病院でも科によって覚えなくてはいけない処置などが変わりますが、総合病院と個人経営の病院も大きく違うのです。様々な科を持ち、入院病棟なども併設する病院と、個人経営の違いはなんでしょうか?


あらゆる科の看護師経験を積める総合病院

まず、病院で選ぶことのできる科が違います。個人経営の病院では多くても2科程度ですが、総合病院では内科、外科、産婦人科など、多くの科があります。また検査に利用する器具なども新しいものを利用する機会も多くなると言われています。認定看護師など、自分で専門分野の看護を極めたいと思うのであれば、総合病院のほうがいいと言われることもあるそうです。


雑務や採血も行う個人病院

個人病院では、看護師が受け付けも勤めることも珍しくありません。また設備の面でもあまりに細かい検査などは対応していないところが多いようです。カルテ整理など、看護には関係ない雑務が増える可能性もあるでしょう。ただし、その病院にくる患者さんの数も総合病院よりは限定されますので、きめ細かい看護ができるという意見もあるそうです。

Comments are closed.