RSS

看護師の転職における総合病院の待遇

8月 28th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師が転職する場合には、まずクリニックにするか総合病院にするかの選択を行うでしょう。クリニックは人間関係が穏やかで残業も少なく、夜勤がないため、心身ともに楽だという感想がもたれやすい職場です。そのかわり給料面では平均的に低くなりますので、どちらを優先するかになります。総合病院の場合にはまた違ってきます。


<総合病院の待遇の特徴>

総合病院に転職する場合には、キャリアアップがしっかりできるということに魅力を感じて転職するケースが多くなります。そのかわり、総合病院の仕事内容は看護師ひとりひとりに対する負担が大きく、かなり過酷になってしまいがちです。夜勤もあるのがほとんどですので、自分自身の健康管理なども重要になってきます。仕事の一環として勉強会などもあり、それがキャリアアップなどに繋がってゆきます。個人病院やクリニックではできない経験によって看護師としての技術力の向上が望めるといった、向学心や向上心を満たせる職場です。しかし肉体的には大変だったという感想が持たれます。給料面でも、夜勤などがあれば高額となります。しかし考えていた以上に負担が大きかったりすれば、くじけてしまいます。看護師転職サイトなどを活用して、本採用される前に職場環境などをしっかり把握して決定できるのが一番です。

検診センターなどからの看護師の求人

5月 30th, 2014 • 看護師求人No Comments »

検診センターや健康管理センターからも、看護師の求人が出ることは多々あります。
主な仕事内容は健康診断や健康指導また健康に関する相談などのになりますので、看護師資格の他に保健師の資格も持っていると、この求人には有利です。
健康診断の結果を受けて、生活習慣や食生活などへのアドバイスを行うのも、ここで働く看護師の仕事です。
保健活動が主な仕事内容となり、そのかわりに看護関連の仕事はあまり発生しません。


<検診センターの求人>

検診センターや健康管理センターの求人も大変人気があるものです。
きちんと休みも取れますし、残業なども殆どありません。
また保健活動が主な仕事となりますので、肉体的な負担も軽くて済みます。
そのため家庭生活との両立も比較的容易で、末永く務めることが出来る職場です。
そういった面からこの仕事を希望する人も多いのですが、なかなか一般的な求人誌やハローワークで募集されているのを目にすることはありません。
公的な施設ですから、ハローワークなどで掲載されるものと考えられますが、それだけ欠員が出ることが少ないということなのでしょう。
同じような特性を持つ職場に企業や大学の医務室や保健室があります。
それらも対象に、専門性の高い転職サイトなどに複数登録し、広く希望を出しておくと、タイミングによっては見つかることもあります。

現場を離れた看護師のかたへ、託児所完備の求人もあります

4月 11th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師に憧れ苦労して資格をとり、一度は看護師として仕事をしていたけれども結婚、出産をして現場から離れた方も多いと思います。せっかくとれた資格なのに、好きな仕事を小さな子供がいるからと諦めざる負えない方も多いようです。ですが諦める必要はありません。求人をよくご覧になって下さい。求人の中には託児所完備の病院を紹介しているサイトも数多くあります。私はまだまだ働きたい、働く姿を子供に見せたいと思われる方は是非とも探してみたはいかがでしょうか。


<仕事がしたいけど無理だと思っていませんか>

結婚や出産で看護師を辞められる方もいらっしゃいます。最近では保育所などに子供を預けてお仕事されている方も多くなってきているようです。仕事が大変で子育てと仕事を両立するのは大変だと思われている方もいらっしゃるかもしれません、仕事の時間に合わせて子供を預けることが出来ないと思われている方もいるかもしれません、看護師の仕事は一般の仕事と時間帯が違う場合もあります。ですから病院の中に完備している託児所を利用するのが一番なのです。働くかっこいいお母さんを是非子供さんに見せてあげて下さい。たくさんの求人の中にはご自身が希望する病院があるはずです。諦めないで頑張りましょう。

看護師求人は女性だけではありません

2月 13th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師と聞くと女性と連想する人がまだ多い中、男性看護師の姿も目にするようになりました。男女平等となり保健師助産師看護師法が改正され、力仕事も多い看護師の職場には男性看護師を求める声もあり大いに活躍することができます。


看護婦と呼ばれていた時代

もともと看護師という職場には男性の方が多く活躍しており、男性の方は看護士、女性の方は看護婦と区別して呼ばれていました。当時女性が働ける職場は限られている中、看護養成所ができ医療の知識と技術を学べるようになると、女性も活躍できる職場として看護婦の数が増加しました。2002年に男女区別せず看護師という呼び名に統一されましたが、長年看護婦という呼び名が定着していたため、看護師イコール女性というイメージが強いのではないでしょうか。


増えていく男性看護師求人

多くの女性が活躍する看護師の職場ですが、その仕事内容はとてもきつく予想以上の体力を使います。自分より大きな方のケアは大変で、一人では車椅子やベットに移動してあげることができません。また、リハビリセンターなどでは患者様を支えたり、車の乗り降りなどで患者様を抱えたりすることも多くあります。他にも女性には厳しい部分が多々あり、男性の手が必要な場面も少なくないのです。まだ認知度は低い男性看護師でありますが、男性看護師の求人は増加することでしょう。

看護師の資格を取りたい!

2月 5th, 2014 • 看護師求人No Comments »

現在では多くの看護師求人を見かけますが、じっさいのところどれくらいの方が転職をされているのでしょうか?
やはり、環境で決めているのでしょうか・・・今の場所では窮屈だと感じて求人情報を見て転職される方もいらっしゃるのだそうです。
また、資格を取るには国家試験を受ける必要がありますので前もって教材を用意して勉強されるのが良いかと思います。
過去問を掲載しているサイトも今では増えてきていますので参考にするのも良いかと思います!


看護師が転職する理由は何だろう?

看護師の転職サイトも今では増えてきていますが、実際に転職をされる理由とは何なのでしょうか?
一番多かった意見が現在勤めている先の環境だそうで窮屈だと感じている方が多いのだそうです。
中でも公立病院で働いている方は特にそう感じているそうですが、違った意見も見られました。
それは転職=自分が成長するチャンスと考えている方も多く見受けられました。


資格を持っているといざという時頼もしい

また、資格を持っていますといざ何か起こってしまった時にとても頼もしい存在となります。
以前起きてしまった震災の時もけがをしてしまった方が多くいらっしゃいましたよね。
そんな時にも看護することが出来ますし、少しでも皆さんの力になることが出来ますので良いかと思います。
職場だけではなくそのほかの時にも活かせるなんて素敵なことだと思いませんか?

総合病院とクリニックで変わる看護師の仕事

1月 24th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師の資格は同じでも、働く環境でナースの仕事は大きく変わります。総合病院でも科によって覚えなくてはいけない処置などが変わりますが、総合病院と個人経営の病院も大きく違うのです。様々な科を持ち、入院病棟なども併設する病院と、個人経営の違いはなんでしょうか?


あらゆる科の看護師経験を積める総合病院

まず、病院で選ぶことのできる科が違います。個人経営の病院では多くても2科程度ですが、総合病院では内科、外科、産婦人科など、多くの科があります。また検査に利用する器具なども新しいものを利用する機会も多くなると言われています。認定看護師など、自分で専門分野の看護を極めたいと思うのであれば、総合病院のほうがいいと言われることもあるそうです。


雑務や採血も行う個人病院

個人病院では、看護師が受け付けも勤めることも珍しくありません。また設備の面でもあまりに細かい検査などは対応していないところが多いようです。カルテ整理など、看護には関係ない雑務が増える可能性もあるでしょう。ただし、その病院にくる患者さんの数も総合病院よりは限定されますので、きめ細かい看護ができるという意見もあるそうです。

看護師としてキャリアアップしよう

1月 24th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師といっても、その分野は非常に細かく分かれています。ナースとしてキャリアアップを望むとき、あなたはどのような分野で、どのような看護を行いたいと思いますか?ナースになってから、専門分野の学習を行うことで取得できる認定看護師についてご紹介します。


特定分野の知識、経験を積んだ看護師

認定看護師とは特定分野で実務経験を積み、国の指定した講習などを受講した看護師が取得することのできる資格です。医療や福祉の現場で、実際に就労を5年以上、うち3年以上を希望する特定分野での実務経験が必要となります。この分野は2010年で21分野ほど、指定されています。救急やガン化学療法、透析治療や乳がんなど、かなり細かく分けられています。


認定試験に合格後、5年ごとに更新

認定看護師は、5年の実務経験と半年、615時間以上の講習などが必要です。この講習は日中に連日して行われることから、この資格を取得する場合はあらかじめ病院側と相談し、講習期間の扱いなどを決めなくてはなりません。休職扱いにするのか、夜勤になるのかなどです。休職しない場合は夜勤しか仕事はできなくなります。また病院によっては講習費用などを助成しているところもあります。

男性看護師の割合と需要

1月 24th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師の男性率は全体の5パーセントとまだまだ低いものです。しかし、男性だけを見ると看護師を希望する人は3割弱の増加を見せており、今後、男性看護師の増加が見込まれています。女性の仕事というイメージがまだ強いナースですが、メリットはなんなのでしょうか?


不況に左右されない看護師の給料

看護師の月給や年収は、不況などにあまり左右されないと言われています。そのため、キャリアアップも視野に入れて仕事をするうえでは非常に安定した収入を得ることができる職業なのだそうです。また、男性は出産などがないことから、離職する時間を取らずに仕事を続けられるというメリットがあります。女性が多い職場ですが、継続して勤務ができる人がいることは病院にとってもメリットが大きいそうです。


腕力など女性では無理な仕事もある

看護の仕事はやはり力仕事も増えてきます。特に高齢化が進み、自分で歩くことのできない患者さんが増えると、患者さんを運ぶ看護師の負担は激増します。介護の仕事でも、男性を抱えるのは難しいそうです。このような面でも、力仕事が多い看護の現場では男性がいてくれることで、作業を分担して行えるという声があるそうです。また同性がいることで男性患者特有の悩みなども相談しやすい環境が作れるとの声も上がっているそうです。

看護師はどうして専門転職サイトを使うの?

1月 24th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師の転職は、通常の転職サイトではなく、看護師専門の求人ホームページを使う人が多いと言われています。テレビコマーシャルなどでもナースの転職を扱うものを多く目にするかと思います。なぜ、転職の際に専門の転職サイトを利用するのでしょうか?


勤務が不規則になりやすい看護師

まずは勤務時間が不規則になりやすいことが挙げられます。看護師で、入院病棟などのある総合病院に勤務すれば、夜勤なども増えてしまいます。そのため、転職活動をスムーズに行えないという看護師が多いのです。勤務中に携帯電話に出ることなどもできませんし、メールのチェックももちろんできません。転職をしたいと思っても、面接などに行く時間などがなかなか取れないのが現状です。


専門知識のあるスタッフが橋渡しを

看護師の求人では、病院の意見と、転職したいナースの意見をまとめる橋渡し役のスタッフがいます。病院勤務のデメリットなどの知識があるので、ナースの希望する条件にあった求人を探してくれるのです。時間がなく、とにかく慌てて仕事を辞めて、また希望しない病院に就職してしまったら、キャリアアップも難しくなってしまいますね。上手にサイトを活用しましょう。

看護師資格を目指すにはどこに進学すればいい?

1月 24th, 2014 • 看護師求人No Comments »

看護師の資格を取得することができるのは、大学と専門学校の2種類があります。過去、ナースを目指す人は看護の専門学校を出るというイメージが大きかったですし、現在でも大きな総合病院は医大と看護専門学校を併設していることもあります。


キャリアアップには大卒が条件?

総合病院によっては、大学を卒業していることが条件の求人もあるそうです。これは大学では、今までの専門学校が行う指導と比較すると、倍以上の時間をディベートなどに割いていることなどが挙げられています。患者さんとのコミュニケーションを第一に考えている看護職では、このような理由から、大学を卒業した看護師を希望するところが増えているようです。


看護科を選ぶときのポイント

多くの大学が、薬学科や看護科を設けています。大学を選ぶときには、学力や教育面、就職先なども大切ですが、実習を行う病院の場所なども確認しておきましょう。特に総合病院などを経営していない看護学校では、看護師になるために必要な実習を行う病院が遠いということもあります。大学付属病院などであれば、キャンパス近辺に病院があるケースが多いので、実習と授業のバランスを取りやすいという人もいるそうです。